挨拶

2013/11月/04日(月曜日)

病の宣告

“UNITY”代表の健康運動指導士

パーソナルトレーナーの溝端祐一です。

19歳の頃、ある不可逆性の病の宣告を受け、

運動や食事を制限される事になり、

医療の道を志しました。

スポーツ整形でのリハビリ時代

学生時代はフィッティネスクラブのインストラクター

医療系の学生時代も学校終了後は

脳神経外科や整形外科でリハビリ業務に携わり,

卒業後はスポーツ整形外科医の指示もと,

リハビリ業務に従事し、

スポーツトレーナーとしても

活動をさせて頂いていました。

19の頃からの目的

整形外科での業務を通し

【運動療法や健康体操】を通じた

日本の健康寿命延伸のサポート

が人生の目的になりました。

入院中に観た9・11

しかし仕事に夢中になる一方

運動不足や生活習慣の乱れにより

27歳の時、持病が悪化し長い期間

入院することになってしまいました。

入院中に観た9.11世界同時多発テロの惨状は

今でも自身の心に焼き付いています。

ランス・アームストロングとの出逢い

退院後、歩くのが辛く

折り畳み自転車を購入したのをきっかけに、

ランスアームストロングの書籍と出逢い,

癌を患いツールドフランスを7連覇した人間が

実際に存在することを知り

 

涙が止まりませんでした。

ロードレースに挑戦

「この人のやっているスポーツに挑戦したい!

今が最後のチャンス」と

30歳の誕生日に、ロードバイクを購入。

実業団レースに参戦

そして1年後には

ロードレースの実業団に登録

実業団レースだけではなく、

ヒルクライムやエンデューロなど、

様々なロードレースに参戦し

様々なレースで優勝・入賞を繰り返しました。

ジャパンプロツアーレース選手

そして開始から2年後にはフルタイムワーカーとして、

実業団のジャパン・プロツアー選手として全国を転戦。

2008年には、UCI国際2.2レースなどにも

参戦することができました。

オリンピック代表選手や、

ツールドフランスに出場した

新城選手などが、レース中、

すぐ隣を走っているのが、

信じられなかった事を、

今でもはっきりと覚えています。

それは夢のような時間でした。

ランス・アームストロングの書籍との

出会いから僅か3年目のことです。

トライアスロンに挑戦

2010年36歳からはスイムとランを始め

トライアスロンに挑戦し40歳でIronmanを完走

41歳でKONA出場を目指し44歳までの8年間で

Ironman世界選手権KONA~Hawaiiを2度完走

Ironman70.3世界選手権を4度完走(出場権は7回獲得)

することができました。

トライアスロンを始めた頃は、

ランでの故障を経験し、

少し苦労しましたが,始めた当初から

【故障しにくい身体の使い方】

優れたトレーナーや医療従事者の方々に

その都度アドバイスを頂きながら

模索し続けてきました。

そのことがこれ迄の結果に

繋がっていると思っています。

Ionman AWA GOLD

念願のIronman AWA GOLDも獲得。

その後も交通事故や持病の手術など

様々な逆境はありましたが、

それらを克服し病とも上手く共存してきました。

2015年頃から動きが安定

2016年は3つの世界選手権の権利を獲得

6日間で2つのIronmanを完走。

Ironman世界選手権KONA

2016年はIronman台湾完走の5日後に

Ironman世界選手権KONA ~ Hawaiiも

ほぼ同タイムで完走。

2016年はIronmanエイジランキング

世界18位/28806人を獲得。

2016〜2017年度は5ヶ月で参加した

6度のフルマラソン全てでサブ3を達成

トライアスロンの分野でも

2015~2017年の30か月間に出場した

トライアスロン関連の20レース全てで、

総合入賞やエイジ優勝/入賞・

世界選手権の権利獲得し

スプリントやデュアスロンなどの

他競技でも学生達と競い決勝まで残り

総合入賞やエイジ優勝を果たすことができました。

2017年3つのエイジ世界選手権を完走

2017年はIronman世界選手権KONAを含む

ロング・ミドル・ショート3つのの世界選手権

日本人では総合一桁順位で完走。

これは良い経験になりました。

ロードレースやトライアスロン・トレラン

様々な持久系スポーツ大会での実体験も

現在の指導に役立っています。

(Ironman:Ironman70.3:ITUstandardAGE)

そして現在も病と向き合い共存しつつ、

トライアスロンだけでなく、

トレイルランニングやマラソンやデュアスロン

OWSなど、持久系スポーツを中心に

様々な挑戦(実験)を行なっています。

バイクフィッティング

業務としては健康運動指導士 

カイロプラクター・パーソナルトレーナーとして

バイクフィッティング(モーションセンサー使用)や

持久系スポーツを中心とした

パーソナルトレーニングを行っています。

その他にも健康運動指導なども行なっています。

バイクフィッティングの分野では、

初心者の方々や一般の方々をはじめ・

ロードやトライアスロンのオリンピック選手、

ロードレースのプロ選手や実業団選手だけでなく、

トラックのマスターズ世界記録保持者や国体選手。

トライアスロンの国体選手・国体強化選手や

エイジチャンプ・トップエイジの方々にも

バイクフィッティングを実施してきました。

持久系スポーツのパーソナルトレーニング

パーソナルトレーニングでは、様々な種目の

オリンピック選手や日本選手権出場選手・

国体強化選手をエイジチャンピオン・

トップエイジの方々を指導。

 

トライアスロンの初心者の方々の初完走や

表彰台獲得。ロング・ミドル・ショートの

エイジ世界選手権に導いてきました。

還暦を迎えた方々の指導も多く経験しています。

バイクフィッティングを含む

パーソナルトレーニングのセッションは

現在までに8000件以上実施しています。

子供の頃から寛平さんに憧れていたこともあり

よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属

よしもとふるさとFAとしても活動中です。

寛平さんが鳥人間コンテスト参加の為に

バイクフィッティングとコーチングをー

受けに来ていただいた時は夢かと思いました。

持久系スポーツへの想い

30歳で持久系スポーツへの挑戦を決めてから、

病や困難を抱えていても諦めずに

日々淡々と練習を積み重ね,

挑戦し続ける事で、

信じれないような出来事が

次々と起こり続けました。

そして何よりも持久系スポーツの楽しさと、

素晴らしさに取り憑かれ、世界観が変わり、

持久系スポーツの喜びと素晴らしさを、

多くの方々に伝えたいという想いが強くなりました。

UNITYの使命

持久系スポーツの楽しさや喜びを伝える。

運動を通じた日本の健康寿命の延伸サポート。

この2つが【UNITYの使命】です。

これからも“真のIronman”を目指し、

皆さんと共に持久系スポーツのある生活

愉しんでいきたいと思っています。

(2018年1月に加筆・修正を行いました)

まずはお気軽にお問い合わせください

フィッティング・コーチングのご予約はこちらからどうぞ!皆様からのお問い合わせもお待ちしています!