3種目(運動)に共通した身体の使い方。

2018/10月/07日(日曜日)

 

トライアスロンはスイム・バイク・ランの順で行われる複合競技です。その為、日々の練習も3種目を並行して行う必要があります。人によっては,3種目だけでなく、かなり本格的なウェイトトレーニングも行なっている方も多いようです。

3種目(運動)において、姿勢や効率の良い身体の使い方は共通していますが、大人になってから”身体の使い方”を、ただ漫然と3種目やウェイトトレーニングをしているだけで身に付けるのは難しいと考えています。

その為パーソナルトレーニングでは、まず3種目に共通した”身体の使い方”を指導しています。”効率的な身体の使い方”とは、”解剖学的にみて無理のない動き”の事と考えています。

しかし普通は既に”それぞれ身体の使い方の癖”が身についているので、自分の神経を介在させ、その癖を正しい動きに修正する必要があります。

 

ある程度、無理のない身体の使い方ができれば、ただガムシャラに運動するよりも、疲れにくく、故障もしにくくなる筈です。

この15年間は、それを実証する為,自身もロードレースに挑戦し、実業団で様々なレースで入賞・優勝を経験し、最終的にはフルタイムワーカーとして実業団プロツアーレースに参戦し全国を転戦しました。

更にトライアスロンでも様々な挑戦を繰り返し,2016年は6日間でIronman台湾とIronman世界選手権、2つのIronmanレースを、ほぼ同タイムで完走し、表彰台も獲得。この年はエイジランキング世界18位も獲得しました。

2017年は出場した全てのレースで総合入賞やエイジ優勝・入賞を果たし,ショート・ミドル・ロングの3つの世界選手権を日本人では1桁順位で完走する事ができました。

最初の数年間は思い通りに身体が動かず,故障も経験しましたが、10年かけて、少しづつですが身体の使い方が上手くなり,交通事故や,事故による外傷以外は、故障する事は殆どなくなり、レースでも常に安定した結果を残せるようになりました。

UNITYでは、これまでの持久系スポーツを通しての経験や、医療施設でのリハビリや,パーソナルトレーナーとしての経験ヨガやピラティスなどから学んだ事を統合し、オリジナルの体操を指導しています。

UNITYの体操では”骨盤の安定性””胸郭の可動性””下肢の動き”を重視しています。骨盤の安定のポイントは横筋なので,まずは仰臥位や座位・立位で腹圧をかけ、腹横筋を締める練習をします。

その後、UNITYオリジナルの体操で、関節可動域訓練やストレッチを行ったり、各関節の一つ一つを、自分で動かして貰いながら、胸郭の可動性を高めていきます。

胸骨や上位胸郭の挙上・下位胸郭の横への拡張を高める体操を行い。更に膝関節や股関節・肩甲骨や肩関節など各関節を丁寧に動かしていきます。そしてUNITYで指導した体操は、自宅でも行なって貰っています。隙間時間を利用し1日5分でも良いので体操を行う事が重要です。

その人の現状を見極め、その人にとって必要な体操を指導をする事が重要なので、誰もが同じ体操や体幹トレーニング・ストレッチをする必要はないと考えています。

身体の使い方の基本は【姿勢と立ち方】です。これらの地味な体操を、なるべく初心者のうちから行う事が大切で。結果的には、それが自分の身体と対話する習慣をつけ,故障を予防すると考えています。

その辺りもこれから徐々に紹介します。無理をせず、事故や故障のリスクを軽減させ、長く楽しく運動を続ける事が重要だと考えています。

興味のある方は気軽に連絡して下さいね。

まずはお気軽にお問い合わせください

フィッティング・コーチングのご予約はこちらからどうぞ!皆様からのお問い合わせもお待ちしています!