バイクのフィッティング【適正なセッティング】は上手くなってから?

2018/10月/19日(金曜日)

 

ロードレースの実業団プロツアー選手の経験を経て、これまでに、ロードレーサーやトライアスリートのバイクフィッティングを3000セッション以上実施してきました。

ランニング・バイク・スイムのパーソナルトレーニングも行なっているのですが、割とよく聞くのは「バイクフィッティングはバイクがもっと上手くなってから受けますね」という台詞。

 

 

しかしそんな時は常にこう答えています。「バイクフィッティングは癖がつく前に、なるべく早く受けた方が良いですよ」

なぜなら3種目のうちバイクだけは機材スポーツだからです。皆さんは低いサドルのシティサイクル(ママチャリ)に乗ったことはありますか?女性の方なら男性のロードバイクに試乗をした事がありますか?

 

 

低いサドルだと太腿の前や,脹脛がかなり筋肉になるはずです。女性が男性のロードバイクに跨ると、ハンドルが遠く肩が凝り、脚がとどかないかもしれません。これと同じ事がロードバイクやトライアスロンバイクでも起こっています。

その為、バイクフィッティングはビンディングをつけて漕げるようになったらなるべく早く受けた方がいいと考えています。そもそも悪いポジションではペダリング効率が悪くなるだけでなく、腸脛靭帯炎などの故障や事故の原因になります。

女性なら太腿や脹脛が発達しやすくなるかもしれません(笑)

 

一例として、ハンドルが遠いと前輪荷重になりやすく、下りやカーブが怖くなり、肩こりや腰痛などを誘発しやすくなります。サドルが高いと膝を痛めやすくなります。

 

 

まだバイクフィッティングを受けた事のない方はなるべくはやく近くのスタジオやショップでバイクフィッティングを受けてくださいね。上手くいけばフォームやペダリングについてのアドバイスを受けることが、出来るかもしれません。

 

 

バイクフィッティングを受ける際は、バイクフィッティングや指導をする方が、経験則や感覚でなく、ある程度の経験があり、バイクフィッティングの理論を学んでいるか?基本的な解剖学をんでいるか?機能解剖やバイオメカニクスを学んでいるのか??専門種目だけでなく、トレーニングについての知識が豊富か?などが重要だと思います。

できればその種目を経験している方がいいと思います。(解剖学を知らなければ、フィッティングの際に重要となる、骨の位置すらわかりません)

 

 

関東では元MTBオリンピック選手で現トライアスリートの竹谷賢二さんが理想の姿だと思っています。

 

 

バイクフィッティングやポジションやフォーム。この辺りについてもこれまでの経験を元に少しづつ紹介していきたいと思っています。

まずはお気軽にお問い合わせください

フィッティング・コーチングのご予約はこちらからどうぞ!皆様からのお問い合わせもお待ちしています!