栄養・食生活を整える

2018/9月/29日(土曜日)

巷では糖質制限が人気ですが、個人的にはやはり従来通りバランスのとれた食事が重要だと思います。特に持久系スポーツを行うには、少なくとも食事の50%は糖質を摂取した方が良いと思っています。しかしパーソナルトレーニングで男性に食事内容を尋ねると驚く事が多いです。糖質ばかり‥この様な方には確かに糖質制限が必要かも知れませんね。

話をきくとタンパク質摂取等割と食事に気をつけてている方でも塩分の摂取に無頓着な方は多いと感じています。塩分の過剰摂取は高血圧や胃がんに危険因子と言われているのでその辺りも気をつけましょう。

当然、エネルギーの過剰摂取は肥満をもたらします。肥満は高血圧、糖尿病、虚血性心疾患など様々な疾病の危険因子であることは明らかになっています。運動で消費されるエネルギーは僅かです。日々体重を計測しましょう。

難しいカロリー計算をしなくても少しづつ体重が増えていると言うことはエネルギーを過剰に摂取しています。そんな時は、食べる量を減らせば良いのです。エネルギーの過剰摂取を避けることは、疾病の予防の為に重要と考えられています。

因みに食生活と関連が深いとされる疾患には高血圧、脂質異常症、虚血性心疾患、脳卒中一部のがん(大腸がん、乳がん、胃がん)糖尿病骨粗しょう症などがあります。運動と食事は一つだと考えて下さい。特に中高年で運動時間がそんなに取れない一般の社会人アスリートには実は食事の質は、運動よりも重要かも知れませんね。

 

 

 

まずはお気軽にお問い合わせください

フィッティング・コーチングのご予約はこちらからどうぞ!皆様からのお問い合わせもお待ちしています!