体験談6 大阪府Mさん

2016/3月/10日(木曜日)

taiken06
 
溝端さんのバイクフィッティングを
初めて受けたのは4年半程前の事です。
 
しかしその後,仕事や生活環境の変化で
なかなか自転車に乗れず,徐々に
パフォーマンスは低下していきました。
それを取り戻そうと気持ちだけは
焦っていましたが,その頃は怪我や
体調不良にも悩まされていました。
 
《しかしヒルクライムレースでの
目標はどうしても達成したい‼️》
 
今年はバラバラになった気持ちを整理し
一から自転車を始める決断をし
数ヶ月前に溝端さんに相談して
今回はバイクフィッティングではなく
バイクコーチングを受ける事になりました。
 
バイクコーチングを受けてすぐに
《身体の使い方がかなりおかしい!》
と溝端さんから指摘を受け
《まずは身体の使い方を修正しよう》
という事になりました。
 
コーチングを受けて驚いたのは
自転車のコーチングのはずが、
すぐには自転車に跨らずに
身体や動きを入念にチェックしながら
肩甲骨や胸郭等,上半身を動かしたり
様々なストレッチや体操をして
挙げ句の果てにはけんけんや、
四つん這い歩き!?まで‥
 
しかし溝端さんが詳しく説明しながら
目の前でしている動きを
自分の身体で再現しようとしても
なかなか思うように身体が動きません
必死に意識してみてもやはり無理でした。
 
その後,溝端さんに補助をして
貰いながら先ほど説明を受けた
動作を行ってみると‥あれ?身体が動く!
その後自分で身体を動かしてみると
今度は自分の思った通りに
身体を動かすことが出来ました。
 
今回コーチングを受けた事で
今まで出来なかった動きや
感じた事のなかった感覚を
自転車の上でも感じる事が出来ました。
 
今回,実際に2時間コーチングを
して貰ったうち自転車に跨っていた
時間は大体15分程度だったのですが
コーチングを受けた後は
ペダルに体重を載せる感覚や
上半身と下半身の連動,更に
今まではママチャリの立ち漕ぎの様に
苦しかったダンシングもかなり
楽にできる様になりました
 
《今までの数年間はなんやったんや!》
今回のコーチング終了後に
二人で大声で叫びましたσ(^_^;)
 
コーチングを受けて思ったのは
大切なのはただがむしゃらに
練習する事や知識だけでなく
適切な動きを身体に覚えさせること。
自分がイメージした通りに
身体を動かそうと丁寧に動作を
行うことが重要だという事です。
 
現在もコーチングの時に教えて
貰った感覚や身体の使い方を
忘れないように毎日少しずつ
各種ドリルや補強等も
継続して行っています。
 
コーチング後は自転車仲間達は
その変化に驚き,自分自身でも
パフォーマンスの向上を
実感できるので更に自転車が
楽しくなりました。
ありがとうございました!
 
バイクフィッティングだけでなく
バイクコーチグもお勧めです‼️